片頭痛について考えよう~ストレスや生活習慣が原因の場合アリ~

男性医師

様々な原因があります

両手を上げる人

頭痛を記録しよう

日本人の多くが一度は感じたことがある症状の一つに、頭痛があります。頭痛と言っても、いくつかのタイプがありますが、最も多いと言われているのが、片頭痛です。片頭痛は、ストレスや疲労が蓄積することにより、起こりやすくなると言われています。片頭痛は女性ホルモンの影響を受け、症状が起こるとも言われており、男性よりも女性に多く見られます。病院でホルモン療法を受けているという場合には、症状が起こりやすくなりますので、そのような治療を行なっているという場合には、病院で治療を受ける際に相談するようにしましょう。また、病院を訪れる際には、どのような状況の時に症状が起こりやすいのかを日記などに記したものを持参することをおすすめします。日記には、体の状態やシチュエーション、片頭痛の痛みの強さ、症状が起こる前後に感じたことをメモしておくようにしましょう。また、市販薬・処方薬に関わらず、薬を飲んだ場合にはその種類や内服量などもあわせて記入しておくことをおすすめします。

食生活にも気を付けよう

普段何気なく食べている食べ物が頭痛を誘発している可能性があります。頭痛を誘発する可能性のある食べ物としては、チーズやワイン、チョコレートがあります。チーズには、チラミンという成分が含まれているのですが、このチラミンが体に蓄積されることで、血圧の上昇や頭痛を誘発する可能性があると言われています。一方でチーズには様々な栄養も含まれているので、体調に合わせて摂取するようにしましょう。チーズと同様にチョコレートやワインにもチラミンが多く含まれていると言われています。特にワインにはアルコールも含まれており、血管拡張作用があります。頭痛を感じているという時には、これらの食品は避けるように心掛けましょう。片頭痛の治療のために病院を訪れるという場合には、頭痛外来がある病院ではそこを受診しますが、無い場合には内科やかかりつけ医に相談するようにしましょう。頭痛の原因の中には、脳血管疾患などであることもありますので、自己判断せずに不安がある場合には医療機関を受診することが大切です。